モデルコース

歴史2:北から南へと全島を縦断し、台湾の濃密な歴史と豊かな文化と時代を遡りつつ旅する【3泊4日】

  • 北部
  • 中部
  • 南部
  • 歴史
  • 環境

学びのポイント

基本的に歴史1の逆コースですが、台湾史全体の予備知識は、現地研修もしくは事前学習を通して補う必要があります[台北には台湾歴史博物館のようなオリエンテーションに適した施設がないため]。
こちらの提案は、①「現地研修」:台湾大学、政治大学、台湾師範大学など台北の有名大学の歴史学部とのコラボレーションにより、大学キャンパス内で台湾史の講義を受けること(SNET台湾からの紹介も可能)。②「事前学習」(SNET台湾から教材提案・教育指導と大学教員の講師派遣などが可能)です。

ルート案内

桃園空港/松山空港着

【台湾のいま】

2日目

【日本時代の光と影】

3日目

【オランダと清朝時代:古都台南:歴史と美食】

高雄空港出発

大学の体験授業・4泊5日コースの提案も可能。ご相談ください。