台北探索館 台北探索館

台北というところ――時間と空間への旅

台北探索館は台北市政府庁舎の中にあります。前身は市政資料館で、2002年に博物館に 変わってオープンしました。台湾の首都・台北市の歴史、文化、産業、自然環境などに ついて紹介しています。台湾に馴染みのない訪問者でも、台北の生い立ちとプロファイ ルを短時間で理解できる博物館です。入り口は一階のイメージホールですが、展示は四 階の時空対話ホールから三階の城市探索ホールへという順路。二階は不定期の特別展で す。四階の展示では過去から現在に至る人々の暮らしや営み、文化を紹介しています。 また発見劇場では、360度の巨大スクリーンで台北のストーリーを上映しています。

学びのポイント

台北って、どんなところ? 誰が住んでいたのか?

台北盆地は17世紀までには、オーストロネシア語族のケタガラン(凱達格蘭)族の人々 が活動していたところです。彼らは狩猟や漁猟、耕作、物々交換などによって生活を営 んでいました。18世紀に入ってから、海を渡ってきた漢民族の開墾により、台北盆地は 徐々に農業社会に変わっていきました。19世紀に至っては、中国大陸との米貿易によっ て「艋舺」、世界経済システムに巻き込まれることによって「大稻埕」、そして、清朝 政府の城建設によって「城內」という三つの市街地が次々とできました。「三市街」は 台北市の原型ですが、行政区域としての「台北市」ができたのは、日本統治時代以降で す。第二次世界大戦後、日本人が引き揚げ、新たに国民政府とともに渡ってきた軍民、 台湾各地からの移住者、アジアからの新住民など、それぞれ異なる時期にこの都市で居 を構え、多元的な文化を形成しました。

顔杏如撮影

台北の異なるブロックにはそれぞれどのような特色がありますか?

先史時代から清朝時代、日本統治時代、戦後の権威主義体制を経て現在に至るまで、異 なる人々の足跡が台北に残り、異なる時代の痕跡も重なってきました。三階の展示スペ ースでは、六つの大通りといくつかのブロックを通して、台北の異なるエリアの特色と 人々の活動を紹介しています。例えば、権威主義体制から民主主義体制への変化を象徴 する「ケタガラン大通り」、娯楽気分の溢れる西門町、異国文化の漂う中山北路、詩人 や作家が集まり書籍が並ぶ街角。また、MRTの異なる路線に沿ってそれぞれ違うランド スケープが目の前に現れてきます。一方、台北は山に囲まれた盆地であり、淡水河が盆 地を流れて海に流れ込みます。台北は、人間の活動だけではなく、自然環境も豊かです 。どんなハイキングコースや水上交通があり、どんな特有の動植物が生息しているのか を発見してください。

さらに学びを深めよう

  1. 【事前学習】【事後学習】台湾の首都台北に居住する日本人の数と、日本の首都東 京に居住する台湾人の数を調べ、その生活体験を掲載する書籍や電子媒体を読んで 、理解を深めましょう。
  2. 【事前学習】【事後学習】台北市と同じ面積を持つ日本の都市を一つ取り上げて、 両者の地形、発展の歴史、人口、産業、下の自治体区分(例えば区市町村)を比較 してみましょう。
  3. 【現地体験学習】探索館三階の展示スペースで、あなたが台北で訪問予定スポット の位置を具体的に確認した上、その特徴と意義を記録しましょう。

参考資料

台湾の歴史とエスニック関係について、赤松美和子、若松大祐編著『台湾を知るための 60章』(明石書店、2016年)の「I 概論」、またやや専門的ですが、若林正丈『台湾―変 容し躊躇するアイデンティティ』(筑摩新書、2001年)があります。日本植民地統治時 代の台北の面影については、又吉盛清『台湾 近い昔の旅 台北編――植民地時代をガイ ドする』(凱風社、1996)が参考になります。古地図や写真、アプリを通して台北の過 去を知るには、台湾中央研究院デジタル文化センター翻訳、森田健嗣監訳『台北歴史地 図散歩』(ホビージャパン、2019年)。


(顔杏如)

ウェブサイト
公式https://discovery.gov.taipei/Default.aspx 交通部観光局 https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003090&id=5950 台北旅遊網(台北市政府観光伝播局)https://www.travel.taipei/ja/attraction/details/758
所在地
台北市市府路1号
特記事項
音声ガイドは日本語あり