臺北市孔廟 台北 孔子廟

孔子廟と中華民国

2017年8月 撮影:石垣直

現在の台北孔子廟は、清朝末期に「台北府文廟」として建立され、日本統治期に荒廃し たものを、有志らが現在の地に新たに建設したものです(着工:1927年、竣工:1939年 )。戦後、国共内戦を経て中華民国政府が台北市に置かれ、後には台北市が孔子廟の管理 、運営をサポートするようになりました。また、中国大陸での「文化大革命」に対抗した 「中華文化復興運動」が台湾で展開されるなか、台北孔子廟および孔子を祀る祭礼として の釈奠(釋奠)は、中華文明の正統な継承者としての「中華民国」の存在をアピールする 重要な舞台のひとつになりました。 民主化を経た現在の台湾では、政府が儒教、孔子廟、釈奠を強調することは少なくなり ました。しかし、台北孔子廟は現在でも、中華文明の継承と国家統治の正統性をめぐる議 論の中で儒教や釈奠が果たしてきた役割を考えさせてくれる、貴重な存在だと言えます。

学びのポイント

孔子ってどんな人?

孔子(BC552-BC479)は、いまから2500年以上前、中国・春秋時代の後半に生きた人 物です。孔子は、周王室の力が衰えて諸勢力が覇を競う群雄割拠の時代に、伝統に則った 「礼」や「孝」そして様々な「徳」の重要性を唱え、徳を修めた「君子」による政治とい う理想を追求しました。孔子は故郷の魯(現在の山東省一帯)で要職に就いて理想の実践 を試みましたが、それは思うようには進みませんでした。孔子はその後、これまで以上に 後学の育成に努めるようになり、最後は弟子たちに見守られて74年の生涯を閉じました。

儒教とは?

「儒教」とは、日本の道徳にも強い影響を与えた、「礼」や「孝」を基調とし様々な「 徳」を重んじる、中国由来の考え方です。学問としての側面を強調する場合は「儒学」と も呼ばれます。儒教の原型となる思想を説いたのは、今から2500年以上前に中国の魯に生 まれた孔子です。孔子は、中国史において長らく「先聖」(古の聖人)・「先師」(古の 教育者)として祭祀されてきました。この孔子を祀っているのが孔子廟です。孔子廟は 、「文廟」・「孔廟」・「聖廟」などとも呼ばれます。

孔子廟の意味は?

漢代以降の歴代王朝が儒教を重んじたことで、孔子は次第に「先聖」・「先師」として 広く崇められるようになりました。隋代には科挙が開始され、その後に続いた唐代以降に は、都および全国の学・廟で孔子を祀り定期的に祭祀する制度が整えられました。こうし て孔子は、歴代王朝によって祭祀される重要な対象のひとつ、そして各王朝を支える官僚 層の崇拝対象となりました。国の都や地方に設けられた学・廟で孔子を祀るという制度は 、朝鮮、日本、琉球、ベトナムなどにも影響を与えました。台北孔子廟では毎年春と秋に 、様々な祭品を供え、「楽」(音楽)や「佾舞」(舞踊)を用いて孔子を祀る祭礼(3月 「春祭」/9月「釈奠」)が催されています。

さらに学びを深めよう

  1. 【事前学習】【事後学習】孔子が説いた儒教とはどのようなものなのか調べてみましょ う。
  2. 【事前学習】【事後学習】儒教が東アジア史のなかで果たした役割について調べてみ ましょう。
  3. 【事前学習】【事後学習】台北孔子廟を見学し、その構造、配置や展示物から、中華圏 における祭礼のあり方を考えてみましょう。

参考資料

孔子の生涯や思想に関する比較的入手しやすい書籍としては、和辻哲郎『孔子』(岩波 文庫、1988年)、貝塚茂樹『孔子』(岩波新書、1951年)、金谷治『孔子』(講談社学術 文庫、1990年)、白川静『孔子伝』(中公文庫、1991年)などがあります。孔子のことば を弟子たちがまとめた『論語』や儒教の概要については、金谷治『論語の世界』(NHKブ ックス、1994年)、加地伸行『論語 増補版』(講談社学術文庫、2009年)、同『儒教と は何か 増補版』(中公新書、2015年)などで学ぶことができます。台湾における「中華 文化復興運動」と孔子廟・釈奠改革については、水口拓寿「「中華文化の復興」としての 孔子廟改革」(中島隆博(編)『中国伝統文化が現代中国で果たす役割』、東京大学 、2008年)が紹介しています。なお、 台北市孔廟のウェブサイトには、儒教や孔廟・釈奠に関する画像や動画など様々なコンテ ンツがあり、事前学習に最適です。

(石垣 直)

ウェブサイト
公式https://www.tctcc.taipei/ 交通部観光局 https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003090&id=212 台北旅遊網(台北市政府観光伝播局) https://www.travel.taipei/ja/attraction/details/798
所在地
台北市大同区大龍街275号