臺灣漫畫基地 Taiwan Comic Base 台湾漫画基地(コミック・ベース)

世界に羽ばたく台湾の漫画が一堂に

陳允元撮影

台湾の漫画は近年急速な発展を遂げ、日本国際漫画賞や京都国際漫画賞を受賞する作家も 続出し、欧州最大規模の漫画イベント・アングレーム国際漫画祭でも高い評価を得ていま す。台湾政府も漫画やアニメを重要なコンテンツとして重視し、漫画産業の振興に力を入 れるようになりました。2019年1月、文化部(日本の文科省に相当)の肝いりで、台北駅 から歩いて5分ほどの華陰街に漫画博物館「台湾漫画基地」(コミック・ベース)がオー プンしました。1階は台湾のオリジナル作品の展示・販売スペース、2-3階は展示やイベ ントを行うスペース、4階は漫画家たち専用の交流スペースとして、創作のための空間と 設備を提供しています。

学びのポイント

台湾の歴史や文化、社会を学べる漫画は?

戦後の台湾漫画の歴史は「武侠もの」と呼ばれる武術にたけた侠客の物語から始まりまし たが、近年、「台湾」をテーマにした秀作が続々と生まれています。これについては、総 統府直属の研究機関・中央研究院のデジタルアーカイブ部門が編集を手がける『CCC創作 集』の貢献が無視できません。これは、台湾の歴史や文化をテーマとした2009年創刊のコ ミック雑誌で、楽しみながら台湾をより深く理解できるようになっています。特集号のテ ーマとしては、「日本時代のあれこれ」や「BL最前線」、「女性意識、覚醒!」など、多 岐にわたりますが、特に人気が高かったのは、2011年夏の「百年芳華:台湾女性百年の風 貌」です。もともとCCCのメンバーには才能あふれる女性が多く、日本統治時代を描いた 『北城百画帖(カフェーヒャッガドウ)』で評価の高い、AKRUさんもその一人です。ま た、歴史意識や郷土意識の高い作家としては、田舎の雑貨屋を舞台にした『用九柑仔店』 でゴールデンコミック賞に輝いた阮光民さんがいます。

陳允元撮影

日本語で読めるものは?

台湾漫画の巨匠・鄭問は、春秋戦国時代の英雄列伝『東周英雄伝』とSF『深く美しきアジ ア MAGICAL SUPER ASIA』で知られています。台湾を舞台にした作品なら、阮美妹(原 作・監修)・ 張瑞延(画)『漫画 台湾二二八事件』があり、台湾の戦後史が学べます。 新世代作家の張季雅『異人茶跡』シリーズは、「台湾茶の父」と呼ばれるジョン・ドッド と李春生を描き、Hambuck『龍泉侠と謎霧人―台湾布袋劇伝説―』は台湾の伝統的な人形劇 の歴史を扱っています。日本のBLは台湾でも人気ですが、台湾で人気沸騰中のBL、MAE『 記憶の怪物』は日本に逆輸入されています。韋宗成『冥戦録』は中華系ファンタジーアク ションで、道教の神、媽祖を美少女キャラクター化し、少年道士と共に妖怪を退治する人 気シリーズです。

陳允元撮影

さらに学びを深めよう

  1. 【事前学習】【事後学習】ネットで読める日本語に訳された台湾の漫画を探してみまし ょう。
  2. 【事前学習】【事後学習】台湾の漫画ではどんなことがテーマになっているのか調べて みましょう。
  3. 【事前学習】【事後学習】「台北国際コミック・アニメフェスティバル」(TICA)や、同 人誌イベント「コミックワールドイン台湾」(CWT)について調べてみましょう

参考資料

台湾の漫画の歴史については、涂銘宏「台湾における日本の漫画―ジェンダーと他者 ―」にわかりやすくまとめられていま す。 漫画基地については、「台湾漫画の軌跡をたどる!台北漫画基地の全面協力による台湾漫画入門」が充実しています。「Comic Street 外漫街」(https://comicstreet.net)のサイトには、他にも台湾の漫画 ・漫画家についての記事やインタビューが豊富です。 『CCC創作集』については、伊藤遊・山中千恵「台湾『中央研究院』による学習マンガと しての『Creative Comic Collection(CCC)』シリーズ――知識を伝達するマンガの政治性認識 をめぐって――」(『京都精華大学紀要』第49号、2016年)に詳しいです。

(橋本恭子)

ウェブサイト
公式 https://www.tcb.tw/ja/
所在地
台北市大同区華陰街36、38号
特記事項
見学無料