四四南村 四四南村

戦後台湾に移り住んだ人々の歴史と生活の一端を知るスポット

赤松美和子撮影

国共内戦の結果、多くの人が中国大陸から台湾に移り住むことになりました。彼らが住ん だ村を眷村といいます。四四南村もそのひとつで、日本陸軍の倉庫を改修して住んでいま した。場所は有名な観光スポット「台北101」のすぐ近くです。1999年に居住地としての 役割を終えました。現在、四四南村には、眷村文化が展示されているスペースや公民館の ような住民センターなどが設置され、眷村文化を知る格好の場所となっています。また、 その一角にカフェやグッズ販売スペースもでき、様々なイベントも行われる空間になって います。

学びのポイント

多様な文化が見られる眷村

戦後、中国大陸から台湾に来た人々は、台湾以外の出身者ということで、一般に「外省人 」と呼ばれます。その出身地は中国大陸全土に広がっており、話す言葉も文化も異なるも ので、互いに理解できないこともしばしばありました。また、外省人の男性と結婚した台 湾出身者(本省人と呼ばれます)の女性も少なくなく、眷村には北京、広東、雲南、上海 、四川、山東などの中国大陸の食文化に加え、台湾の食文化も入り込みました。なお、外 省人の中には、外という意味から、この呼称を好まない人も多くいます。

上水流久彦撮影

台湾文化としての眷村

1990年代になると、台湾の民主化が進み、台湾人意識が強くなります。戦後、国民党が実 権を握る中華民国政府は、いつか共産党が統治する中華人民共和国(いわゆる中国)を倒 して中国全土を統治することを考えていたため、台湾の人に台湾のことは教えずに中国語 や中国の歴史、地理を教育していました。台湾人意識の強まりのなかで、眷村は台湾の文 化ではないという認識も生まれます。しかし、中国大陸の文化と台湾の文化が混在する眷 村文化は、中国大陸にはない台湾独特の文化だと考える人も多くなりました。

臺北市政府觀光傳播局提供

さらに学びを深めよう

  1. 【事前学習】【事後学習】眷村は、台湾各地にあります。四四南村以外にどこにあり、 現在はどのように活用されているでしょうか。
  2. 【現地体験学習】四四南村では、MIT(メイド・イン・タイワン)の雑貨、食品などが 数多く売られています。それらがどのような特徴を持っているか、観察してみましょう。

参考資料

国民党については、赤松美和子・若松大祐編『台湾を知るための60章』(明石書店 、2016年)の第4章、『もっと知りたい台湾 第二版』の「政治」に詳しい説明がありま す。本省人と外省人の関係については、若林正丈『台湾』(ちくま新書 2001年)の第7 章「台湾ナショナリズムとエスノポリティクス」や『台湾を知るための60章』のコラム 6「外省人」や「『もっと知りたい台湾 第二版』の「エスニシティ―と社会階層」が参 考になります。近年の外省人のアイデンティティについては、ステファン・コルキュフ著 『台湾外省人の現在』(風響社、2008年)に詳しく紹介されています。眷村を描いた日本 語で読める小説に、朱天心「眷村の兄弟たちよ」(孩子王クラス編『二つの故郷のはざま で』、藍天文芸出版社、1999年)、張大春「四喜、国ヲ憂ウ」(孩子王クラス編『四喜憂 国』、藍天文芸出版社、1996年)、朱天文著、三木直大訳「エデンはもはや」(山口守編 『台北ストーリー─新しい台湾の文学』、国書刊行会、1999年)があります。文学研究か らの分析について赤松美和子「「朱天心「想我眷村的兄弟們」にみる限定的な「私たち 」(『お茶の水女子大学中国文学会報』(27),83-96,2008年)を参考にしてみましょう。


上水流久彦

ウェブサイト
交通部観光局https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003090&id=A12-00125 台北旅遊網(台北市政府観光伝播局)https://www.travel.taipei/ja/attraction/details/851
所在地
台北市信義区松勤街50号
特記事項
見学無料