華山1914文化創意產業園區 華山1914文化創意産業園区

役目を終えた「廃虚」がアートを楽しむおしゃれなパークに

赤松美和子撮影

旧台北酒工場の跡地にオープンした、アートやショッピングのための複合施設。日本統治時代の1914年に建てられた「芳醸株式会社酒造廠」が前身です。1922年からは官営に、そして戦後は台湾公売局の所有(国有)になりました。7ヘクタールもの広大な敷地に煉瓦造の工場や倉庫建築が建ち並んでいましたが、1987年に工場は操業停止。10年近く廃虚のまま放置されていたものを、芸術文化団体がアート空間としての活用を政府に要望。1997年から芸術文化施設としての活用が始まりました。2009年からは、レストランやカフェ、ライブハウス、シアター、さまざまな物販ショップも入居し、おしゃれなエンターテインメント空間として、老若男女に愛される場所に生まれ変わりました。古びた煉瓦の壁に歴史を感じるとともに、最先端の流行も楽しめるスポットです。なお、「華山」は初代の台湾総督の樺山資紀の名前に由来しています。「樺」の「木へん」を抜いて「華」にしたといわれています。

学びのポイント

どうして工場は廃業してしまったのか?

2002年のWTO(世界貿易機関)加盟に到る経済のグローバル化が原因のひとつと言われています。WTOは自由貿易を推進する国際組織で、関税や障壁を撤廃してモノやサービスを自由に行き来(売り買い)させられるようにすることを目的としています。安い製品が外国から入ってくると、国内産業は太刀打ちできません。競争力・生産力に劣る台湾の古い巨大工場(かつての国営企業など)の多くが操業停止となり廃虚になりました。その大部分は都会の真ん中に位置していたため、高層ビルや商業施設など「儲かるビル」として再開発されるものもありましたが、政府(行政院)が「壊してしまう前に、歴史的・文化的価値を調査する」と決めて、文化資産(文化財)として大切にしようという意識が高まっていきました。これは日本ではほとんど見られない動きです。

国有施設を民間のおカネと力で活用?

2000年に「促進民間参与公共建設法」が制定されました。国など公共が所有する施設・建築について、私企業が資金を出して改修工事を行うと、その後しばらくはその企業が運営を任されるという仕組みが出来ました。華山1914も、そのシステムで再生されたものです。政府の財政負担を減らせる一方、民間の大胆なアイデアや手法、そして資金を投入できるメリットがあり、台湾全土で歴史的建造物が再生される原動力になっています。

工場建築はどうしてアートに向いているの?

スパンが広くて天井が高い部屋が多いからです。あなたの学校の教室の、柱(または壁)の間隔は7mくらいでしょうか? この、部屋の幅のことをスパンといいます。工場は巨大な機械を設置するために、無柱(柱がない)の大きな空間で造られています。それが、さまざまなサイズの美術作品を作ったり設置したりするのにぴったりなのです。講演会やワークショップにも使えますね。

イラスト(渡邉義孝)

さらに学びを深めよう

  1. 【事前学習】【事後学習】台湾全土には、華山1914のように廃業した大型の工場を文化創意園区として再生した事例がたくさんあります。どんなところがあるか調べてみましょう。
  2. 【事前学習】【事後学習】敷地の一部には、かつて樟脳工場がありました。日本統治時代から、台湾は樟脳の一大産地として重視されていました。樟脳はどうやって作られ、どんなものに利用されていたのでしょうか?
  3. 【現地体験学習】柱のない、大スパンの空間を造るためには、屋根を支えるための特別な技術が必要となります。そのためには、木や鉄骨で、三角形を組み合わせた大きな骨組み「トラス」を構成しています。どの建物にどんなトラスが見られるか、調べてみましょう。

参考資料

華山1914はかつて酒工場でしたが、日本統治時代の酒の専売制度については、金子展也「日本統治時代の台湾に於ける酒専売と構内神社」 (『非文字資料研究センターNewsLetter』No.33、2015年、18-21頁)、が参考になります。華山1914にみる古い建築の保存活用、華山1914の運営については、この文化園区の管理運営を担う基金会の菫事長(理事長)である王栄文氏の話をまとめた王栄文「華山 1914 文化園区の保存活用と経営ー台北酒工場、樟脳工場の保存活用と経営」(東京文化財研究所保存科学研究センター近代文化遺産研究室編『台湾における近代化遺産活用の最前線』独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所、2020年、102-111頁)を読んでみましょう。

(渡邉義孝)

ウェブサイト
公式 http://www.huashan1914.com/ 交通部観光局 https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003016&id=A12-00131
所在地
台北市中正区八徳路一段1号